会社設立をお考えの方・会計業務・経営コンサルティングは桑原隆行税理士事務所へお気軽にご相談ください。東京都葛飾区立石
桑原隆行税理士事務所 /東京都葛飾区 会社設立・会計業務・所得税

行政書士業務について

桑原隆行税理士事務所は、行政書士の資格も取得しておりますので、相続相談から、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの、行政書士が行う分野での業務を当税理士事務所で提供させていただいております。
法人企業様の継承や、個人資産家の方の相続、遺言書などの面においても幅広くサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

相続相談、遺言書作成、遺産分割協議書作成

相続相談

相続とは、被相続人(亡くなった方)の遺産を、被相続人の死亡により妻や子などの相続人が受け継ぐことです。
相続に関しての悩みは千差万別で、人によってさまざまな問題や悩みを抱えられています。
当税理士事務所では、相続の遺産分配の問題や、遺言状、相続税などの問題をトータルにサポートいたします。

遺言書とは。。。

遺言書とは、亡くなられた方が、遺族に向けて示す最後の意思表示であり、遺族に対するメッセージです。
遺言書によって、遺言者の死後の法律関係を定めることができますが、民法に定める方式に従って書かれていなければ無効になってしまいます。
実際に遺言書がなかったために、自分の死後に残された家族が争いを始めてしまうということが多く起こっています。 残される遺族のためにも遺言書をしっかりと書き残しておくことが大事です。

遺産分割協議書とは。。。

遺産分割協議書とは、遺産相続において、相続人全員で遺産の分割を協議して、分割協議が成立した場合に作成する書類のことをいいます。
相続税の納付や、不動産の相続による所有権移転、金融機関の口座の解約などの場合にも、遺産分割協議書は必要になります。
遺産相続分割協議書は、「誰が、何を、どれだけ相続したか」をわかりやすく書き、相続人が署名と実印の押印をして、印鑑証明書を添付します。相続人が未成年の場合、法定代理人が署名、押印することになります。
また、遺産相続分割協議書は、相続人の数だけ作成し、各自で保存しておくことになります。


お問い合わせ