会社設立をお考えの方・会計業務・経営コンサルティングは桑原隆行税理士事務所へお気軽にご相談ください。東京都葛飾区立石
桑原隆行税理士事務所 /東京都葛飾区 会社設立・会計業務・法人税

法人税について

法人税って何

法人税とは、各法人が毎年稼得した所得金額に対して、一定の税率を乗じて計算されるものです。この所得金額は、お客様の日々の会計データを基に、税法上の収益・費用計上の制約により計算されます。
非常に硬い表現となりましたが、法人税の申告書の作成までの流れをご説明しましょう。
お客様の金銭出納帳等の管理が基本となります。これを基に、当事務所が記帳代行とソフトへの入力を実施し、各月の試算表や各種の経営分析表を作成します。
さらに、決算月になりますと、棚卸商品、減価償却の計算等、決算期末特有の整理を通して所得金額が計算され、法人税の申告書が作成されます。
法人税についてのご質問等ございましたら、お気軽にご連絡、お問い合わせください。

お問い合わせ

法人税についてのQ&A

法人と個人の違いは何ですか?

個人事業は決算月が一律12月で同じなのに対し、法人は会社設立時に決算月を各法人で決めることができます。
また、法人は役員給与を損金とすることができます。

法人のメリットとは?

法人の場合は個人事業と異なり、他の個人・会社から資金を集めることが可能で、大規模な事業展開が望めます。
また、対外的な信用が増大し、得意先との取引もスムーズに行えるようになります。

法人税を計算するための記帳とは?

複式簿記、金銭出納帳の作成等が、青色申告の要件とされていますが、法人の多くが、この適用を受けており、青色申告法人には、欠損金の繰越控除を7年間行うことができる等の特典があります。

法人税の申告書の提出期限は?

法人税の申告書は決算期の2ヵ月後が提出期限となります。
納税期間も同様に2ヵ月後です。法人税の申告は、税務のプロである税理士におまかせください。

お問い合わせ