会社設立をお考えの方・会計業務・経営コンサルティングは桑原隆行税理士事務所へお気軽にご相談ください。東京都葛飾区立石
桑原隆行税理士事務所 /東京都葛飾区 会社設立・会計業務・消費税

消費税について

消費税って何

消費税は原則として国内におけるすべての財貨・サービスの販売・提供などを課税対象とします。
消費税は法人の他、個人事業主であっても基準期間(前々年)の売上が1,000万円を超えるときは、課税事業者となります。
消費税は、届出書類の提出が特に重要ですので、ご質問のある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

消費税についてのQ&A

簡易課税制度とは?

消費税には、原則課税と簡易課税の二通りの申告制度があります。
簡易課税は、基準期間(前々年)の売上が、5,000万円以下の課税期間において、「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出した場合に適用され、実際の課税仕入れ等にかかわる消費税額を計算する必要はなく、課税売上高のみから納付する消費税額を算出することができます。

基準期間(前々年)の売上が1,000万円以下ですが、建物を建築したので消費税の還付を受けたいのですが。

「消費税課税事業者選択届出書」を提出することにより、翌課税期間以後、課税事業者になることができます。
この場合は、原則課税による申告が必要となり、一度この届出書を提出した場合は、最低二年間は消費税の申告をしなければなりません。

アパートの賃貸収入は課税されますか?

住宅の貸付け(事務所は課税)、土地の譲渡、貸付け等は課税されません。
しかし、一定の設備もしくは車両の管理をしている駐車場収入は課税の対象となります。

お問い合わせ